スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾ワーホリ・留学サポート
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
*台湾第一食目は……*
IMG_1696.jpg


 コンビニのおにぎり……kao06
 朝三時に起きて9時20分の飛行機で離陸。
 台北着は11:50(時差が-1時間&ちょっと早くついた)。
 これからまだまだ遊べる~~~、まずは最愛の蟹小籠包屋さんへGo!!
 
 と、思ってたのに。

 ホテルについたのは、15時�т����

 あれです……ツアーで行くと必ず通らなければ行けない関門、両替という名の強制土産物店。
 確かに、信頼できる場所で両替できるのは嬉しい。
 安いツアーにするために、いろいろ事情があるのもわかる。

 だがしかし!!

 何が悲しいって、「台湾で一番有名なのはお茶です。本物のお茶を飲んで下さい」と言って出されるのが……味も素っ気もない、色つきのお湯みたいなお茶なこと。
 香りが違います、って自信満々で言うなら、聞香杯を……
 お値段の説明をする前に、出来ればお茶畑の話も……
 一煎で捨てちゃうの?! もったいない……
 
 お茶大好き。
 余りにも奥が深くて、私なんてふもとで見上げているだけだけど。
 素晴らしい文化だと思う。
 茶芸は、ノンビリゆっくり、深呼吸しながら楽しむもの。
 せっかくの文化が、こんな風に消費されるだけになってしまうのは何とも寂しい気がします。

 なので。
 魂の蟹小籠包、食べられませんでした。
 いつも泊まっていたホテルがツアーから外れてしまったので、今回取ったのは善導寺のシェラトン。南京東路から徒歩10分の冠京華は、ひょいっと行くにはちょっと不便。
 ここで食べちゃうと、お夕飯も入らなくなっちゃうし、予定もずれちゃうし。
 涙を飲んで、我慢。
 次回は絶対、行く!!�勃��

 一応ご紹介だけ。
 冠京華
  http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=263(台北ナビに飛びます)
 小籠包と蟹小籠包がとにかく絶品。いろいろな所に食べに行ったけど、今のところ暫定世界一。
 いつも、予備の胃袋がないのが悔やまれます。限界まで詰め込みたい……。
 死ぬ前に食べる10のご飯が選択できるなら、ここは必ず。
 なにげに菜肉大包(お野菜の饅頭)も、美味しいです。

IMG_1697.jpg


 で、おにぎり。
 せめてもの抵抗で、なるべく台湾らしい具を選んでみました。
 黒胡椒猪柳。
 豚の黒胡椒炒め、かな?
 味は……うん、コンビニのおにぎりの範疇でした。
 でも、黒胡椒風味は台湾っぽくて面白いかも。�Ί�


[PR] 台湾ワーホリ・留学サポート
【2009/01/21 19:32 】 | 台湾好吃 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<*お礼参りw* | ホーム | *10回目の台湾*>>
コメント
おなかすいた・・・。
ごきげんよう。

確か、前にも小籠包が食べられないお話が・・・。
何回かに1回食べられないのは宿命なのでしょうか。

やっぱり春菜さんの食べ物ネタはどこよりも興味深く
どこよりもお腹がすきます(笑)
おにぎりはアジアならではですものね。

外国のおにぎり食べてみたいな。
【2009/01/21 23:10】| URL | くるみパン。 #-[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/22 00:41】| | #[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/22 01:04】| | #[ 編集] |
No title
ごきげんよう春菜さん♪
私11月に初めて台湾に行ってきました!
もちろん冠京華に行って蟹小籠包食べました。
本当に、本当においしかったです。
夫が蟹アレルギーだったので、8個食べれました(^^)
(それでもあまりのおいしさに夫も2個食べてましたが・・・)
菜肉大包もいただきましたよ♪あと普通の小籠包を頼んでお腹いっぱいになりました。
春菜さんの完全ガイドのおかげで本当に楽しめた台湾、大好きになってしまったので今年も行こうと計画しております(^▽^)
【2009/01/22 09:43】| URL | shanlee #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://haluna77.blog26.fc2.com/tb.php/2-1bd404d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。